タイ タイに進出・展開ノウハウ 企業研究 東南アジアニュース 東南アジア進出・展開事例

タイ:スシローのタイ進出、3末にオープン予定【最新情報と進出過程まとめ】

スシロー、タイ進出

回転寿司チェーンで日本国内の売上高トップを走り、海外展開を加速させている株式会社 スシローグローバルホールディングス、タイでの1号店が3月31日にオープン予定です。

スシローの海外事業は2018年度には売り上げは全体の約1%に当たる18億円で下が、2021年度には台湾、香港、シンガポール、韓国での新規出店・既存店舗の売り上げの拡大のほか、新しくタイと中国への進出を行うことで海外売上高を約240億円へと押し上げる目標としています。これは全体の約10%にあたる見込みです。

下部にタイ進出経緯時系列順にをまとめていますが、コロナ禍での不安定な経済状況や外出制限などがある中で、実際の動き出し(子会社の設立)から約1年での開店というスピード感で行なったのには、タイの日本食ニーズを早く捉えたい狙いでしょう。

また提供価格は1皿40 THB(約140円)〜と公表されており、日本と変わらない単価で取れると踏んだことも進出に至った理由になるでしょう。一見、東南アジアで1皿 140円は高いように感じられますが、バンコクの他の日本食レストランや寿司の価格と比べると非常にリーズナブルです。

東南アジア進出ナビでは開店後の動向や業績、SNSでの反応を随時更新してく予定です。

スシローのタイ進出店舗の情報(2021年2月19日現在)

オープン日:2021年3月31日予定

場所:BTSプルンチット駅 セントラルワールド(ショッピングモール)7階

HP:https://www.facebook.com/SushiroThailand

価格:(1BHT= 3.5円計算)
-赤皿 40 THB(約140円)
-白皿 60 THB(約210円)
-黄皿 80 THB(約280円)
-黒皿 120 THB(約420円)

スシローのタイ進出過程

2020年2月
タイへの店舗進出に際する調査・検討を目的として子会社であるSushiro GH(Thailand) Ltd.を設立

2020年4月
タイでの店舗進出に向けた具体的な取り組みのため、子会社に対する増資を発表
→資本金は当初の 2,000,000 TBHから 6,000,000 TBHを増資し、8,000,000TBH(約28百万円)
→持株比率 スシロー49%、現地パートナー51%

2020年11月
2020年度9月期の決算資料にてタイへの進出を公式発表

2021年3月
スシロー、タイでの実店舗オープン予定

 

(参照)
2020年度9月期 決算説明会資料 株式会社 スシローグローバルホールディングス 2020-11-06 https://ssl4.eir-parts.net/doc/3563/ir_material_for_fiscal_ym/88984/00.pdf

子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ 株式会社 スシローグローバルホールディングス 2020-4-23 https://ssl4.eir-parts.net/doc/3563/tdnet/1818652/00.pdf

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-タイ, タイに進出・展開ノウハウ, 企業研究, 東南アジアニュース, 東南アジア進出・展開事例
-

© 2021 東南アジア進出ナビ