タイ 東南アジアニュース

タイ:タイへの直接投資は、日本が首位に 全体の約4割を占める

タイへの海外直接投資(FDI)日本が首位

タイ投資委員会(BOI)が2月10日に発表したリリースによると、2020年のタイ国外からタイ国内への海外直接投資(FDI)※の申請件数は907件となり、総投資額は2,132億バーツ(約7245億円)となり、日本が最大の投資国だったことがわかった。

新型コロナウイルス 感染症が拡大する以前の2019年と比較すると投資件数は3%減、投資額は54%減となった。国別にみると日本企業の投資申請額は約759億バーツで、中国が315億バーツ、米国の246億バーツがこれに次ぐ。

日本企業の中では三菱自動車が2023年より電気自動車(EV)の生産をタイで始めることで、バンコクの東側に位置するレムチャバン工場に製造ライン増設に対する54億8000万バーツ(約180億円)の投資計画が政府に承認されていた。

タイ投資委員会(BOI)のAsawach 事務局長は「新型コロナウイルスは課題と機会の両面を浮き彫りにした」と発言。「経済全体としては減速する年となったが、医療分野などコロナ禍でも拡大する業界もあった」とし投資誘致策などの効果に手応えを見せた。

日本企業のタイへの進出・展開は中長期的に見ると経済の成熟、成長率の低下から他東南アジア諸国へ移る動きが一部見えるが、それでもまだまだ人気は高く、今後も増えていきそうだ。

※海外直接投資(FDI)= "Foreign Direct Investment" とは海外での永続的な権益の獲得を目的に投資を行い、事業を営むため、現地法人や子会社、工場を設立することや対象国の現地企業のM&Aを行うことを指す。

(参照)
Thailand 2020 Investment Applications at Over 480 Billion Baht, Led by E&E and Food, BOI Says. The Thailand Board of Investment. 2021-2-10 https://www.boi.go.th/index.php?page=press_releases_detail&topic_id=127519

三菱自、タイで23年からEV生産 180億円投資 日本経済新聞 2020-4-14 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58033110U0A410C2TJ1000/

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-タイ, 東南アジアニュース
-,

© 2021 東南アジア進出ナビ