タイ 東南アジアニュース

タイ:豊田通商、タイのバスサービス事業者に出資 スマートモビリティ化を推進

豊田通商は24日、タイのToyota Tsusho Thai Holdings Co., Ltd.を通じて、タイで工業団地向けに通勤用バスサービス事業を展開するATP30 Public Company Limitedが実施する第三者割当増資を引き受け、約2億2千万円の出資をすると発表しました。

そもそもの背景としてはタイの工業団地には進出している日本企業を中心とした製造業者の生産拠点があり、これまで通勤に際しては従業員向けに独自にバスを手配していました。

しかし1社単位でのバスの運用は空席率も高く、また閑散期などもあるため非効率的な運用であり、交通渋滞と環境汚染という2つの課題もありました。

今回の出資は投資先のATP30が豊田通商が有するデジタル技術の活用することで、バスの配車の最適化や乗り合いや座席予約を可能にし、通勤バス市場のスマートモビリティ化を推進するとのことです。

(参照)
タイで通勤用バスサービス事業を展開するATP30に出資~通勤バス市場のスマートモビリティ化を推進~ 豊田通商株式会社 2021-2-24 https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/210224_004766.html

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-タイ, 東南アジアニュース
-,

© 2021 東南アジア進出ナビ