ベトナム 東南アジアニュース

ベトナム:ギフティ、現地会社との合弁でベトナム進出

eギフトプラットフォーム事業を展開する東証一部のギフティは現地の会社との合弁会社を設立し、ベトナムへの進出を行いました。

今回の進出ではギフティのマレーシアの現地法人であるギフティ マレーシア社と独立系デジタルエージェンシーであるメコン・コミュニケーションズとの合弁でギフティ メコン社の設立を2021年5月31日付で完了し、7月1日より本格的な営業を開始したとのことです。

マレーシアに続き2カ国目となる海外拠点となり、すでに、ベトナム国内の飲食小売をはじめとする65ブランド以上との契約を行ない法人向けにサービスの提供を開始しているとのことです。

合弁会社はギフティ・マレーシアが80%、メコン・コミュニケーションズが20%出資しており、ベトナムや東南アジア進出においてはすでに知名度、ネットワーク、現地の商慣習を理解している現地企業との協力が事業拡大の鍵となりそうです。

「ギフティ マレーシア社、ベトナム内資企業MEKONG COMMUNICATIONS との合弁会社「Giftee Mekong」を設立 〜 マレーシアに続き東南アジア2カ国目となるベトナムでeギフトサービスを開始 〜」gifteeHP https://giftee.co.jp/pressrelease20210715

「ギフティのマレーシア法人、地場と合弁会社を設立 eギフトサービス開始」VIETJO https://www.viet-jo.com/news/nikkei/210715193557.html

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-ベトナム, 東南アジアニュース

© 2021 東南アジア進出ナビ