ベトナム 東南アジアニュース

ベトナム:ホーチミンに新空港、旅行客の受け入れ見込む

ベトナムの新しい空港

ベトナムのホーチミン市郊外に新しい空港の建設が開始となった。2025年に開港予定なのが「ロンタイン国際空港」で、ホーチミン市の中心部から約40キロメートルほど離れた場所でハブ空港としての役割を担う。

2020年から第1ステージ、2035年から第2ステージ、そしてその後第3ステージと綿密なプランが組まれており、合計の総投資額は1兆6200億円を計上する。

コロナウイルス感染症拡大の影響で主要産業の1つであった「観光業」に大きな痛手を負っているベトナムであるだけに、その巨額の予算に国内からは疑問の声も多く上がっている。

しかしベトナムは共産党が唯一の政党であるため、一度決まってしまった国家レベルのプロジェクトを見直すことが難しい。

新設の背景としてはこれまでベトナムの空の窓口であったタンソンニャット国際空港の受け入れ対応が限界を迎えていること、また近年の増大する東南アジア、ベトナムへの観光客の需要をキャッチするためだ。

またタイ、マレーシア、シンガポールなどの近隣諸国は大規模な国際空港を建設し、アジアと欧州、北米をつなぐ国際ハブ空港としての役割を担うようになっていたが、航空のインフラが整備されていなかったこともあり競争に出遅れていたベトナムは「ロンタイン国際空港」でその需要も取り込みたい狙いだ。

直近のコロナ禍で低迷が続いている経済においては一刻も早いコロナウイルスの収束を願うばかりであるが、ベトナムへの進出・展開を見込んでいる日系企業や、現地ですでに事業を行う企業にとっては明るいニュースであることに違いはない。

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-ベトナム, 東南アジアニュース

© 2021 東南アジア進出ナビ