タイ 東南アジアニュース

タイ:循環型経済に向けて外資系企業の誘致へ 日本企業のタイ進出も

タイのプラユット首相は2021年1月に生物多様性や文化的多様性などバイオ・循環型・グリーン(BCG)型の経済の確立を目指しています。(BCGモデル)

BCGモデルを採用することによって、これまでタイの成長を牽引してきた農業などにおいては新たな農産品による収穫最大化、農業手法や地域の最適化などで産業を促進すると共に、廃棄物や化石エネルギーなどの削減を目指す環境保護を同時並行的に実施していきます。

それに伴い投資優遇策を設け、技術力の高い外国企業の誘致に取り組む姿勢です。

BCGモデルでは「食品と農業」「医療と健康」「バイオエネルギー、バイオマテリアル、バイオケミカル」「観光、クリエーティブ経済」の4分野に焦点を当てることとなっており、戦略計画を2021年から5年間にわたって実行する予定です。

投資優遇策は先行して一部実施済であり、日本企業のスタートアップなども法人税免除などの優遇を受けているとのことで、今後大幅な規制の緩和が見込まれ、今後技術力を持った企業によるタイ進出も相次ぎそうです。

(参考)
日本経済新聞 「タイ、循環型経済へ外資誘致」 https://r.nikkei.com/article/DGKKZO70926040S1A410C2FFJ000?type=my#AAAUgjIwMA

JETRO プラユット首相、バイオ・循環型・グリーン(BCG)経済を国家戦略に https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/01/338924c725245424.html

  • この記事を書いた人

東南アジア進出ナビ編集部:松本佳一郎

マレーシアにて日系企業の不動産広告事業立ち上げを行った経験をもとに東南アジア進出・展開の情報を発信。tokonatsu代表。進出に際する事前調査から実務代行まで支援をしています。無料相談から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

良く読まれている記事

海外進出で使える補助金、助成金の一覧【2021年】 1

海外進出・展開をする際に大きな課題となるのは「資金」ではないでしょうか。 本メディアは東南アジアを中心とした日本企業の海外進出・展開に関する情報の発信を行なっていますが、これまでは大手企業が生産の拠点 ...

タイに日本企業が進出する理由やメリット・リスクを解説 2

タイは「アジアのデロイト」とも言われるように、トヨタや三菱など名だたる日系自動車メーカーが主要な生産拠点としているだけではなく、様々な業界・分野で数多くの企業が進出・事業展開を行い、成功を収めているケ ...

タイで法人(会社)設立の流れ・手続き・費用 3

タイは日本企業の生産の拠点としても、現地での消費を狙うという意味でも非常に魅力的であり、衣食住の面からも優遇制度の面でも高い人気を誇ります。 ただ実際に本腰を入れてタイに進出するために現地で法人(会社 ...

-タイ, 東南アジアニュース
-

© 2021 東南アジア進出ナビ